Please reload

最新記事

【メディア掲載事例】『日経産業新聞』に掲載されました。

October 23, 2018

1/5
Please reload

特集記事

東京都の救急相談センターに連絡をして、夜間に対応してくれる病院を探しました

October 29, 2016

 
私が東京都の救急相談センターを利用したのは、夜中に子供が高熱を出した時です。

 

私自身なら翌日まで我慢してから病院に行くという選択肢もあったのですが、子供の場合は何がどうなっているのか分からないということもあり、急に不安になったので、夜中でも診療してくれる病院を探すために救急相談センターを利用しました。

 

救急車を要請することも考えましたが、場所によっては私の車で行ったほうが早いと判断して、東京都の消防庁救急相談センター(03-3212-2323)に電話をしました。

 

24時間対応してくれるということもあり、相談員は医師や看護師、救急隊経験者などの職員が対応してくれるということだったので、その場で子供の症状を伝えると、近くの病院で夜間診療をしてくれるところを紹介してもらえました。

 

結果的に子供は重病でもなく、乳児期にありがちな高熱を発したという状況だけだったので助かりましたが、危ない状況ならすぐに救急車を走らせてくれるという話を聞くことも出来ましたので、緊急を要するような状況でも、救急相談センターに電話をすることは無駄にはなりません。

 

また、救急相談センターでは、私が利用したような緊急を要するようなケースだけではなく、日常的に「気になるけど病院に行く必要があるのか分からない」というような内容でも相談を聞いてくれるということと、「どの病院の何科を受診すれば良いのか分からない」というような状況でも相談を聞いてくれますので安心して利用することが出来ます。

 

特に、緊急を要するような状況で救急車を呼んだ場合でも、病院をたらい回しにされてしまって助かる命が助からなかったという状況を防ぐためにも、本物の医師や看護師が相談を聞いてくれて、適切な病院を紹介してくれる救急相談センターを利用することですぐに病院に向かうことが出来るために、オススメなサービスとなっています。

Share on Facebook
Share on Twitter