Please reload

最新記事

【メディア掲載事例】『日経産業新聞』に掲載されました。

October 23, 2018

1/5
Please reload

特集記事

医療情報に特化した検索サービスclila(クリラ)の提供開始に関するプレスリリースの結果をまとめました。

August 21, 2018

 

弊社新サービスの医療情報特化の検索サービス「clila(クリラ)」を2018年8月2日にリリースさせていただきましたが、おかげ様で多くのメディア様に取り上げていただき、また多くの利用者に知っていただく機会となりました。
感謝の意味も込めて、今回のメディア掲載についてまとめてみました。



■女性のための病気・健康・医療情報の検索サービス「clila(クリラ)」
https://search.anamne.com/  

 

 

■サービスの特徴 1:
一般的な検索エンジンとほぼ同様の利用方法 本サービスの使い方は、とてもシンプルです。
①対象となる診療科を選択する
②調べたいキーワードを入力する
③検索ボタンを押す

だけとなっており、一般的な検索エンジンと利用方法もほとんど同じになっていますので、ITリテラシーが高くない方でも利用しやすくなっております。

2:医学系学会、病院、クリニックのWebページ情報のみを集め検索できるようにしてあるので、検索結果が信頼できる情報のみに限られている
医療情報特化検索サービス「clila(クリラ)」は、Googleのように世界中の全てのWebページをクローリングし表示しているわけではなく、弊社でフィルタリングした医学系学会、病院、クリニックのWebページのみのDBを持っており、それを独自のアルゴリズムで表示しているものです。 Googleのように大量のトラフィックがあるわけではないので、集客を目的に上位表示させるためにSEOをすることが難しいため、結果として「検索結果」という情報の質を低下させることがありません。
3:弊社登録医師による監修と利用者ニーズをベースにした医療情報に特化したアルゴリズムで期待する検索結果にスピーディーにたどり着ける
弊社医師が監修し、利用者ニーズと医療情報としての信頼性を考慮し、医療情報に特化した検索アルゴリズムを構築しました。これによって、利用者はGoogleや他の検索サービスを利用した場合に多く表示される医療的観点からは信頼性が低い情報を多く閲覧することによる不安やフラストレーションを感じることなく、目的となる情報にたどり着くことができるようになります。
4:オンライン医療相談サービス「anamne(アナムネ)」とシームレスに連携
本サービスは、検索結果の右下に表示される( )ボタンをクリックすることで、弊社が運営しているもう一つのサービスであるオンライン医療相談サービス「anamne(アナムネ)」とシームレスに連携することができます。 そのため、不安な症状があった場合にまず、「clila(クリラ)」で調べてみて、それでも分からず不安が解消できない場合には、オンライン医療相談サービス「anamne(アナムネ)」でそのまま医師に相談することで、症状や可能性のある病気等に対する理解度も高まり、実際に病院に行くにあたっても正しい知識を持って臨むことができます。
さらに、「anamne(アナムネ)」では、病院を受診した後のアフターケアとしても利用することができますので、「clila(クリラ)」、「anamne(アナムネ)」、病院を連携して利用することで、LOQを高めることができます。


 


■新サービスリリースの背景:
弊社は、「Doctorize all the people」-全ての人があたかも医師のように、 正しい医療情報にアクセスし 生活の質向上のために利活用できる世界を実現する- というビジョンの下、 オンライン医療相談サービス「anamne(アナムネ)」を運営しておりますが、 このサービスを運営する中で、 相談される利用者のみなさまが、インターネット上で信頼できる病気/医療情報の検索に課題を抱えていることに気付きました。
その結果、ネットで検索すればするほど不安な状態が強くなり、本当の病気のような症状を発生してしまう、 アメリカではかなり前から問題視されている「サイバーコンドリア(サイバー心気症)」を引き起こしたりしますが、 日本でもそのような現象がみられるようになってきたように感じます。
今回、弊社でリリースさせて